いよいよ取引する時という段階では、何をおいても下調べをしなくてはいけません。78-7-85

売買を始める前、起こる事を論理的に見つめる事が出来ます。78-17-85

しかしながら、一回トレードの内側へ踏み込んでしまうと、何をしても見え方が独りよがりになりがちで、往々にして適切な考え方が出来なくなる。78-15-85

恐れが生じる。78-1-85

だから自身の頭が落ち着いている時に、間違いない事前準備が重要です。78-8-85

この”j事前準備”のためには、始めに己の筋書きを書くことから開始します。78-16-85

未来の為替相場はこうなってああなるから、豪ドルをエントリーするみたいに自分で考えたシナリオを立てていくのだ。78-12-85

次は日足チャートを調べましょう。78-20-85

それまでの為替相場の上がり下がり見定めて、今日の位置を確認します。78-3-85

そうすれば、「現時点ではかなり高い状況になっているな」もしくは「もう大方の方々がエントリーしているから、この後急にエントリーしてももう手遅れだな」ということが見えてくる。78-14-85

無論もう売買するのがなすすべがないと感じたならば、そこは吹っ切ることが肝心です。

どうやっても自身の筋書きを譲らずに、強引に新しく注文すると、市場にやられてしまいそれどころかマイナスになります。

とは言うものの多くの場合では緻密なあなたなりの台本を思い描いているとすれば売り(または買い)が手遅れという具合にはならないと考えます。

実際に市場が変化する前のはずだから。

その次は、差し当たりエントリーしようと検討している外貨の動きを正確に把握する事が肝心。

仮定としてドル高になるというストーリー展開を考えたのであれば、その外貨の動きに注目する事が大切です。

マーケットの動きを注意を払い始めたばかりでは、その通貨は目立って動く様子を見せることはなく、上や下に小さな変動をしているだけでしょう。

だが、その変動を注目しているとある位置でじりじりと、円安へとマーケットが推移し始めます。

このチャンスで初めてドル買いの注文をします。

普通は、そこまで準偏をしておけばその売り買いで勝てる確率はぐっと高くなります。