実際にコンピュータの前に座って上がったり下がったりしているマーケットを見ていると直ちに売り買いをしなくてはいけないという衝動に影響される方も多いと思います。喪服とレンタル 千葉

だけど、不明瞭な勘で注文するのは避ける必要があります。ミドリムシナチュラルリッチ

事実、マーケットは四六時中休みなくどこかの国で為替市場は変動しているしマーケットも常に、変動しています。http://www.casinohouan.org/

しかしながら、取引をしているとその分だけ損失を被る確率が高くなってしまいます。善悪の屑 ネタバレ

当然の事ながら、取引の回数を重ねることによって勝ち負けの確率か50%、50%になるのは事実です。ナイトアイボーテ 通販

でもこの事は「はっきりしない勘でトレード」することとは別の話です。アリシアクリニックの口コミを信用

売り買いの回数を重ねるというのは自分自身が「ここはいける」と思いついた勝機を得た場面でのエントリー回数を重ねるという意味である。

格段の理由がなく、連続して取引を積み重ねるのとは全く違います。

外国為替市場の駆け引きに勝利するためには深く考えてけじめをつけることが大切です。

「ここだ!」と思えた市場の時には、所有ポジションを買い増して儲けを追求します。

「かなり頭をかかえるマーケットでどう上げ下げするのか思いつかないな」と思ったならば潔く諦めて保持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしません。

これぐらいのリズムをつけた方が、結果的に売り買いはうまくいくものだ。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通り。

相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを保有する事がすべてではなくどのポジションも所有せずじっと見ていることも場合によっては必要です。

それならば、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、最近の外国為替相場が今ひとつ見通しがきかない時ですこれからどちらにいくのか決断できない時は、何も考えず行動すると、あなたの書いた物語とは逆の方向に市場が動いてしまい損をする事になります。

だから、そんな場合はポジションを閉じ何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

次に、自分の健康状態が悪いときです。

体の調子と市場に関係性はないと感じる投資家もいるでしょうが案外関係があります。

体調が変な時は、相場のミスできない場面で、必要不可欠な判断を下すことができない。

興味がわかない時は、トレードから離れる事も必要な事です。