以前にアルバイトをしていた工場にはたくさんの外国人が働いていました。スペイン語圏からきたいる人やベトナム人などが多く、みな一生懸命に働いていたのがとても印象的でした。やはり外国人ということもあって、仕事が出来ないとすぐに辞めさせられてしまうのではないかという不安があるらしく、みな熱心でした。そして言葉の壁があるために、これらの外国人は日本人にはなかなか話しかけてきません。しかし彼らは片言の日本語なら話せるために、コミュニケーションを取ることは可能です。自分は外国人と交流を持つことが好きでしたので、積極的に話しかけました。するとみな喜んで自分のことを話してくれました。多くの外国人従業員は、出来るだけ長く日本で暮らしたいと思っていました。やはり日本は安全で、住みやすい国だそうです。このように外国人従業員と話をすることは非常に楽しかったですし、自分の考え方が広がったような気がします。このようなこともアルバイトのメリットの一つではないかと思います。